クレジットカードでの支払いは、現金払いよりお得!

購入した商品や製品、サービスへの支払いはクレジットカード払いが絶対お得です。現金払いにこだわるのは勿体ない!なぜクレカでの支払いがお得なのかはこれを読めばわかります!

はじめに

aroundfour
aroundfour

こんにちは。アラフォーです。

皆さんは普段の支払い、どうされていますか?現金?クレジットカード?デビットカード?

コンビニやファストフード店のみならず、スーパーのレジを見ていても現金で支払う方がほとんどじゃないでしょうか。海外ではそうじゃなくて~~というとここは日本だから!って感じですからそれは置いておきまして。

クレジットカードで支払いをされていない大多数の方を見るといつも思うんです。

ああ、カードで払えばポイントが貯まるのに勿体ない…

向こうからすると余計なお世話なんでしょうけど、やっぱり勿体ないって思っちゃうんですよね。

勿体無いと思う理由、クレジットカードで支払いをすることのメリットをここでは解説していきたいと思います。 

クレジットカードの支払いは、こんなにお得!

クレジットカードのポイントが貯まる

カードで支払うことで、クレジットカードのポイントが貯まります。
このポイントを貯めようとするかしないかで、お得度合いがググッと変わってきます。

カードで支払えるものはすべてカードで支払ったほうが、お得だと思いますよ!

例えば楽天カードはこんな感じでポイントが貯まる

  • 100円のものを楽天カードで買うと、1ポイント。
  • 10,000円のものを楽天カードで買うと、100ポイント。
  • 100,000円のものを楽天カードで買うと、1,000ポイント。

楽天カードでお買い物をすると、1%のポイントが付きます。
このポイントは、いわゆる楽天ポイントです。

なので楽天カードを使うことで1%の楽天ポイントが還元されます。
楽天市場で買うと楽天市場のポイントも付くので、還元率は2%になるのは有名ですね。

*利用先の一例です。

楽天ポイントはEdyに交換が出来たり、楽天の各種サービスで利用が出来るため非常に汎用性の高いポイントと言えます。

デメリットといえば、楽天ポイントを現金に交換が出来ないところです。

楽天カードについてはポイントサイト経由でカードを作ることで、最大2万円分のポイントを獲得することが出来ます。下記記事も参考にして下さい。

【誰でも出来ちゃう】楽天カードを作って最大20,000円相当のポイントを貰う方法

MUFGカードゴールドではどれぐらいポイントが貯まる?

価格.com - MUFGカード ゴールド ポイント還元率|クレジットカード比較

このカードは、なんと還元率が0.4~0.5%。

楽天カードと比較するとかなり劣ります。
まず仕組みとしてMUFGカードで1,000円分の買い物をするとグローバルポイントが1ポイントつきます。

グローバルポイントは、別のポイントに変換が可能です。

グローバルポイントが200貯まると、Tポイントや楽天ポイントなどの800ポイント分に変換が出来ます。

 しかし、200グローバルポイントを貯めるにはなんと20万円分の支払いが必要です。

20万の支払いで、Tポイント等の800ポイントになるということは実質の還元率は0.4%です。正直話になりません。

MUFGカードなりの特徴はある

ただし、です。

MUFGゴールドカードは楽天カードと違いカード自身に付帯する保険がついており、飛行機の遅延保証や旅行先での事故に対して保証が受けられるという部分はあります。

 といっても、その分年会費もかかりますが…。
いずれにせよポイント還元率だけで見たら、MUFGゴールドカードは使いにくいカードです。

aroundfour
aroundfour

クレジットカードで支払いをするなら、最低でも還元率は1%以上のものを使ったほうが良いです。

溜まったクレジットカードのポイントは交換が可能

 楽天カードとMUFGゴールドカードを例にあげて説明しましたが、クレジットカードの支払いを行うとカード会社のポイントが貯まることは説明しました。

楽天カードであれば、楽天ポイント。これは還元率で言えば1%。

 MUFGカードであれば、グローバルポイント。こちらは還元率で言えば0.4%前後。

現金で支払いをすることでは、このポイントは貯まりません。

ではカード会社の溜まったポイントを最もお得に交換が出来るカードはなんでしょう?

それはSPGアメックスカードでしょう。

ただ、これは年会費が3万円弱かかるとても高いカードです。色々メリットがあるのですが、万人におすすめできるカードではないので興味がある人だけ下の紹介記事を御覧ください。

【2020年度最新】SPGアメックスカードとは

還元率は、マイルの場合1.25%です。

通常利用であれば還元率は1%。

高い年会費を払うだけあって、マリオットホテルやウエスティンホテルなどに年1回無料宿泊が可能ですので年会費分の元は取りやすいカードです。 

年会費は一切払わずお得にポイントを貯めたいとなれば、やはり楽天カードです。

パンダデザインも可愛いですしね。

クレジットカードを作る場合は、ポイントサイトを経由するとさらにお得です。

カードを作るだけで、数千円~一万数千円分のポイントを貰うことが出来ます。

【2020年最新】モッピーは1P=1円で賢く貯めるポイントサイトポイントサイトのハピタスについて解説

クレジットカードで支払い=現金払いよりお得

還元率の高いクレジットカードで支払いをするだけで常に1%分は現金払いの人よりお得な生活を送っているわけです。

たかが1%と思っているでしょうが、家の家賃や水道光熱費、食費等を1ヶ月トータルで見ると幾らになるでしょうか?

私はクレジットカード払える支払いは極力クレジットカード決済にまとめており、会社の出張費用もクレジットカードで払うため、平均すると支払額は毎月20万円ぐらいあります。

 これを楽天カードで払うと楽天ポイントで毎月2,000ポイント貯まるわけです。

12ヶ月払えば毎月2,000ポイント*12=24,000ポイントです。

ポイントサイトを経由していれば場合によってはその倍貯まることもあるわけで、そうすると年間48,000円分です。

これって、得だと思いませんか?

48,000円分のポイントがあれば年に一度小旅行だっていけるし、かなり豪華な食事を楽しむことも出来ます!

 金曜日の晩に大阪のリッツカールトンに宿泊が出来、しかもお釣りまで出ます。

*楽天トラベルの場合

なんでもかんでもクレジットカードで支払うことは本当に得?

この記事を書いている2018年9月8日現在、北海道では大地震が起きており今は電気もある程度復旧しているようですが、直後は道内すべてが停電していました。

電気が使えないということは、当然クレジットカードでの支払いは出来ません。

何も現金を持たずにクレジットカードで生活をしろと言っているわけではないので、現金は持ち歩いてください。当たり前ですが…。

さらにリボ払いや、分割払いをすることでいくらでも買い物が出来ると勘違いしてしまいカード破産なるものが一時期発生していましたが、そうはならないよう節度を持った使い方が大事です。

自分で危ないなと思うようなら、いくらお得とはいえカード払いに集約しすぎるのは危険なのでご注意ください。 

クレヒスも積むことが出来るカード払い

クレヒスってなんだろう?と思う方はこちらの記事を御覧ください。

他所のサイト様ですが、わかりやすくまとめられています。 

支払いをクレジットカードで行うことで自分自身の信用情報が高まり、クレジットカードの作成や、ローンが通りやすくなったりします。

アメリカはクレジット社会なので、このクレヒスというのが非常に重要です。

ま、ここは日本ですが。

キャッシュレス・ポイント還元事業のスタートでさらにお得に

2019年10月1日の消費税増税に伴い、ポイント還元制度が出来上がりました。

ポイント還元期間は2019年10月~2020年6月まで

キャッシュレス決済の場合、支払い金額の5%が最大で還元されます。

5% or 2%です。コンビニなんかは5%ですね。

ポイント還元が対象となる支払い方法は3通り

  1. クレジットカード
  2. 電子マネー
  3. QRコード決済

つまり現金で支払いをすると、ポイント還元の恩恵を全く受けられません。

ここまでお得なら、さすがにクレジットカードを使ってもいいんじゃないですか?

最後に

現金主義の方を是が非でもクレジット払いにしたいというわけではなく、こうすることでお得ですよ、ということを紹介するために本記事を作成しました。

私自身もクレジットカード払いやポイントサイト経由を始めたのはほんのここ一年程度の話です。

しかしその結果、20万円以上のポイントを手にしています。

2018年9月現在、モッピーというポイントサイトでは5万円分のポイントが貯まっています。

もちろん20万円分手に入れるためには、ポイントサイト経由でクレジットカードを作るなど多少の手間はかかっています。

結果的に自分自身はこの支払い方法や、手間をかけたことに満足しているのでこの記事を読んで少しでも共感してくれた方はぜひまずクレジットカード払いから始めてみてください。

その後にポイントサイトデビューをするなど、段階を踏んでいって貰えれば良いのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA