アレクサで使えるスイッチボットを購入&失敗に気づき返品をした理由

Amazon Echoを愛用していて、スマートリモコンにスイッチボットを追加しようとしたところ、失敗をして返品する羽目になりました。

さてなぜそんなことになったのか、本記事を読んで頂ければわかります。

アレクサ単独ではスマートホーム化は出来ない。スマートリモコンが必須。

スマートホーム化を目指す場合、アレクサ単独では出来ません。

アレクサに対応をしたスマートホームデバイスか、家電をスマートホームデバイス化するスマートリモコンを用意する必要があります。

スマートホームって?

IT(情報技術)を活用して家庭内のエネルギー機器や家電をネットワーク化し、スマートホン音声アシスタント機能でエアコン操作やドアの施錠などが行える住宅。 引用:コトバンク

スマートホームの構成はこんな感じになります

スマートデバイス(アレクサ)⇔スマートリモコン(Remo)⇔家電
aroundfour
aroundfour

私の家の環境ではAmazon Echo(スマートデバイス)+Nature Remo Mini(スマートリモコン)の組み合わせでスマートホーム化を行っています。

スマートリモコンは今回Remoとなっていますが、これ以外にもラトックシステムのスマートリモコンなどがあります。ラトックシステムのほうが有名かもしれません。

aroundfourの家のスマートホーム環境について

このような形で家の家電を制御しています。あれもこれもスマートデバイス化しているわけではなく、主にエアコンとテレビの制御のためにこの仕組を導入しました。

犬くん
犬くん

外からエアコンの制御が出来るのは便利。夏に外から帰ってきたときに部屋が冷えてるのは最高だよね~。

Amazon Echoの第二世代と、スマートリモコンとしてNature Remo miniを利用することで、上の画像の家電がいわゆるスマート家電化されています。

スマートホーム環境下での問題

この中のPanasonicサウンドバー の赤外線受信部の調子が悪く、Nature Remo miniでうまく制御が出来ていません。

これを改善すべく、スマートリモコンの赤外線制御ではなくスイッチの制御で電源の入切に変えたらどうかと思い、購入をしたのがスイッチボットというスマートスイッチです。

スマートスイッチのスイッチボットで家電の制御にチャレンジ

スマートスイッチは、アレクサやグーグルホームのようなスマートスピーカーやスマートフォン経由でスイッチのオン・オフが出来ます。機能的にはそれだけなので、細かい操作は出来ません。

シンプルな機能性

私の場合はサウンドバーの電源ボタンを押させるために、このスマートスイッチを購入しました。

こちらは類似の使い方のイメージです。画像の中でもボタンを押す使い方しかしていませんよね(というかそれしか出来ない)

できることがシンプルなので、導入も簡単です。

手順的にはこんな感じです。

スマホのアプリからPanasonicのサウンドバーの電源オン・オフができるようになるまで、10分もかからなかったと思います。

ここまでは良かったんです。ここまではね。

アレクサにスイッチの制御をお願いしても、動かないのはなぜ?

順調に設定が終わってスマホからスイッチボット(スマートスイッチ)の制御が出来るところまでは良かったんです。

aroundfour
aroundfour

アレクサ、スイッチの電源をONにして

といっても、アレクサは「わかりません」というばかり。あれやこれや考えてスイッチボットの製品ページを熟読して理解しました。

SwitchBot Hub Plus/ Miniと接続し、外出先から家電を操作できます。アプリの中「シーン」機能を利用して複数タイマー設定が可能になり、他のSwitchBotシリーズとの併用でスマートな生活をはじめましょう。Amazon Alexa、Google アシスタント、HomePod/Siri、IFTTTとの連携で、話しかけるだけで部屋中の家電をコントロール

Amazonでのスイッチボットの製品紹介より

ようするにスイッチボット用のスマートホームハブがいるわけです。Nature Remoのスマートリモコンではスイッチボットの制御までは出来ないってことでした。

これがいるわけです。aroundfourはスマートスイッチはそれだけでアレクサが制御出来るものだと思いこんでました。

注意
スマートスイッチを使う場合、それに対応をしたスマートリモコンやスマートホームハブが必要

スイッチボットのスマートリモコンはaroundfourの環境下ではアレクサ経由での制御が出来ないとわかった結果、Amazonさんには悪いのですが返品となりました。

スマートスイッチを使う上での注意

aroundfour
aroundfour

スマートスイッチを使いスマートホーム化を目指す上で注意したいことははっきりしています。

1.スマートホーム化済みの人の場合

すでにスイッチボット用のスマートホームハブを使っている人であれば、スイッチボットのスマートスイッチを追加しても全く問題ありません。

aroundfourのようにスイッチボットの利用前に別のスマートリモコンを使っている場合、そのスマートリモコンに対応をしているスマートスイッチの選択が必要です。aroundfourの環境下では対応をしていないスマートスイッチだったので失敗しました。

2.スマートホーム化をまだしていない人

スマートホーム化してスマートスイッチを使いたい場合、それに対応をしたスマートリモコンないしスマートホームハブを一緒に購入しましょう。

それだけです。

自分で使っていないのでなんですが、拡張性を考えると今はスイッチボットで揃えるのがいいのではないかと思います。

これと

これです。

最後に

以上でaroundfourの失敗談を含めたスイッチボットの失敗談と、それを回避するためにはどうしたら良いかという解説でした。

スマートホームは奥が深いのですが、その代わりスマートホームハブであったりスマートリモコンであったりスマートスイッチであったりスマートと名のつくものが色々必要になり、全然スマートじゃないんじゃない?と思ったりします。

手を出すと割と抜け出せないぐらい便利なのですが、失敗し始めると修正が大変です。この記事が少しでも参考になれば幸いです。

さてAmazonで商品を買う場合は、JMB経由で購入するのがお得ではないかと思います。陸マイラーやポイントサイトを利用している人は、ぜひ下記の記事を御覧ください。

陸マイラー?ポイントサイト?という人にはこちらの記事がおすすめです。デビューすれば、生活がきっと今より少し豊かになるんではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA