JAL アメリカン・エキスプレス・カードでタダで旅行にいけるかチェック

JALカードを作るだけで、【タダで】JALの飛行機にのって国内旅行をすることは果たして可能でしょうか?ポイントサイトを経由すれば、どうやら可能なようなので調べてみました。

そもそもただで飛行機に乗れるのか?

いくつか条件はありますが、これは可能です。ただし国内線に限ります。

絶対条件としては、マイルが溜まっていること。

溜まったマイルを利用して特典航空券を発行すれば、費用0円で飛行機に乗れます。

国際航空券の場合、サーチャージと諸経費が発生します。なので国際線の飛行機は0円は無理、となります。

 掲載のマイル数のほかに、「燃油特別付加運賃」や「航空保険特別料金」、ならびに各国政府・空港により出入国税、空港使用料をはじめとする税金・料金や各種手数料がかかります。JAL国際線特典航空券PLUS 各路線の必要マイル数 - JALマイレージバンク

では【JAL アメリカン・エキスプレス・カード】を作って利用した場合最終マイルはいくら溜まって、果たしてタダで飛行機に乗れるでしょうか?

無料で飛行機に乗るために特典航空券をゲットしよう

無料で飛行機にのるためには特典航空券が必要で、特典航空券はマイルで交換が可能です。

今回案内するのはJALの国内線の特典航空券をタダでゲットするために【JAL アメリカン・エキスプレス・カード】の発行をしますが、いったいマイルはどれぐらい貰えるのでしょうか?

特典航空券の必要マイルの確認

特典航空券にはいくつか種類があります。

  1. どこかにマイル
  2. 国内特典航空券
  3. 国際特典航空券

それぞれ必要なマイル数が異なります。

どこかにマイル

1名の往復6,000マイルという破格な設定のどこかにマイルは

ご予約の際に、4つの行き先候補地をJALからご提案。
そのなかからお申し込みから3日以内に、決定した行き先をお知らせします。
いつもとは違うワクワクする旅の出会いや、偶然が生み出す発見の旅をお楽しみください。※東京(羽田)、大阪(伊丹・関西)発着便の路線に限ります。

 とあるように、国内のどこに行くのかわからないという非常にギャンブル性の高いプランです。これを考えた人はきっとギャンブル狂ではなかろうか?

 そのかわり、たった6,000マイルでどこかにいけます。しかも往復。

国内特典航空券

 片道6,000マイルから利用が可能な国内特典航空券は、往復だと最低でも1名あたり12,000マイルが必要です。

 必要なマイル数は関連リンク先で確認してください。

JALカードを持っていれば必要マイル数が割引

 このため、必要マイル数は最低でも往復で1名9,500マイルとなります。

マイル数9,500で往復でいけるエリア(東京と大阪発着)

 東京や大阪発であれば、9,500マイルでこのような場所へ往復が可能です。

 JALカードを持っていて東京や大阪発で沖縄への往復の場合、必要マイル数は11,500マイルです。

 国際特典航空券

 必要マイルは往復15,000マイル~。

 もっとも必要マイルが少ないのは、韓国です。近いですしね。

2019年5月22日の東京~韓国のJAL特典航空券の必要マイル数

 2019年5月22日の東京~ソウル間の必要マイル数は片道7500マイル+4,170円。往復すればこの料金が2倍というイメージです。

 ハワイやグアムなど人気路線は特典航空券で乗れる座席数に限りがあり、簡単に予約も取れないし、必要マイル数も違います。

 国際特典航空券は必要マイル数が高く諸経費もかかる。そして予約も取りにくいという認識でokです。

JALアメリカン・エキスプレス・カードを作って貰えるマイル数

JAL アメリカン・エキスプレス・カードを作ると最大16,050マイル獲得が可能。…だけど落とし穴もある。

最大で16,050マイルも貰えます。

っていうことはこれが出来る?

  • 「どこかにマイル」なら2名一緒に往復どこかへ
  • 国内特典航空券なら1名沖縄往復

ところが16,050マイルが手に入るのは、年会費が一番高いプラチナカードを作ったときだけです。

普通カード入会でも最大7,350マイルたまるとありますように、年会費の安いカードではどんなに頑張っても7,350マイルしか貰えません。

そこをなんとか出費を必要最低限にして、貰えるマイルを増やして、飛行機にタダで乗りたい!

その前にまず、JAL アメリカン・エキスプレス・カードを作るとどれぐらい価格差が発生するかを見てみましょう。

JAL アメリカン・エキスプレス・カードの種類と年会費について
JAL アメリカン・エキスプレス・カードを作ったときに貰えるマイル数と年会費
  • 普通カード会員の年会費は6,480円。
  • プラチナカード会員の年会費は33,480円。

 その差はなんと27,000円! そもそもその差額で航空券が買えてしまう!

 受けられるサービス内容に大きな違いはありますが、飛行機にタダで乗るために、航空券が買える金額以上のクレジットカードを作るのはさすがにナンセンスでしょう。

 カードに数万円払うなら、個人的にはSPGアメックスカードの方がおすすめです。

じゃあどうすんの…と思わないでください。普通カードでもタダで飛行機に乗る方法確かにあります!

こうしてタダで飛行機に乗る!

 ポイントサイトを利用します。使うサイトはGポイントです。

 JAL アメリカン・エキスプレス・カードをポイントサイトのGポイントで作ると、12,500ポイントが貰えます。

GポイントでJAL アメリカン・エキスプレス・カードを作ると貰えるポイントは12,500Ptで現金にすると12,500円。マイルにすれば6,250マイル。

このポイントをマイルに変えます。

ただしGポイントからJALのマイルへ直接交換が出来ないので、

  1. Gポイント→Pontaポイント
  2. Pontaポイント→JALマイル

という2度手間の交換手順になります。

なおPontaポイントからJALマイルへの交換率は50%のため、6,250マイルになります

このGポイント→マイルですでに「どこかにマイル」1名分の航空券となります。

追加でカード作成のマイルを足して国内特典航空券を貰う

JAL アメリカン・エキスプレス・カードを作ったときに貰えるマイル数と年会費の比較

普通カードを作った場合に得られるマイル

  1. カード入会:300マイル
  2. ショッピングマイル・プレミアム入会:500マイル
  3. JALカードアプリログイン:50マイル
  4. 楽Pay登録:500マイル

合計で1,350マイルが貰えます。搭乗ボーナスは一度飛行機に乗らないと貰えないので除外しました。

楽ペイ

楽Payはようするにリボなので、一回で支払える金額内での利用をおすすめします。

6,250マイル+1,350マイル=7,600マイルなので、どこかにマイルで1名往復で無料で飛行機に乗ることが出来ますが、国内線の往復の特典航空券はもらえません。(片道ならもらえます)

出費総額は9,720円

  • 普通カードの作成費用:6,480円
  • ショッピングマイル・プレミアム:3,240円 

ショッピングマイル・プレミアムは、このカードをメインで使うならお勧めのオプションです。カードを作ってマイル取得目的だけならつけなくてもok。

カード支払い額が多ければ追加で5,000マイル

JALカード作成後3ヶ月以内に100万円以上の支払いをすると追加で5,000マイル獲得可能

3ヶ月間で100万円以上を作ったカードで支払うと追加で5,000マイル貰えます。
なかなか難しいでしょうが追加で5,000マイル貰えれば12,600マイルとなり、東京・大阪~沖縄間の1名分の往復航空券が無料。

*楽Pay登録必須

普通カード作成にかかる費用とマイルのまとめ
JAL アメリカン・エキスプレス・カード普通カードを作ったときにかかる費用とマイルをまとめた表


100万円以上の支払い:5,000マイル。

最大で12,600マイル

飛行機に一度乗れば1,000マイルのボーナスが後日付与。

CLUB-Aカードを作ったときに得られるマイル 

  1. カード入会:2,500マイル
  2. ショッピングマイル・プレミアム入会:500マイル
  3. JALカードアプリログイン:50マイル
  4. 楽Pay登録:500マイル

合計:3,550マイル。

搭乗ボーナスは5,000マイルと破格ですが、一度飛行機に乗らないと貰えないので除外しました。

楽Payの仕組みは普通カードと同じです。 

ポイントサイトでカード作成の6,250マイル+3,550マイル=9,800マイルなので、どこかにマイルか国内線の特典航空券A区間を1名往復で無料で飛行機に乗ることが出来ます。

出費総額は20,520円

  • CLUB-Aカードの作成費用:20,520円
  • ショッピングマイル・プレミアム:年会費に含まれる 

普通カードと比べて一気に出費があがりましたが、場所が選べないどこかにマイルとは異なり国内線の特典航空券A区間は無料という結果になりました。

カード支払い額が多ければ追加で5,000マイル

JALカード作成後3ヶ月以内に100万円以上の支払いをすると追加で5,000マイル獲得可能

追加で5,000マイル貰えれば14,800マイルとなり、国内線の特典航空券B区間までの1名分の往復航空券が無料orどこかにマイル2名往復無料です。

あと400マイルを足せば韓国へのエコノミークラスでの1名往復への航空券の代金も無料となります。(ただし諸経費はかかる)

搭乗ボーナスが大きい

CLUB-Aカードは普通カードと異なり、初回のみ1度飛行機に乗ると5,000マイルが追加で貰えます。

マイルを5,000貯めるのはなかなか大変なので、このボーナスはかなり大きいです。

年会費に目をつぶれば、ですが。 

CLUB-Aカード作成にかかる費用とマイルのまとめ
JAL アメリカン・エキスプレス・カード CLUB-Aカード作成時にかかる費用ともらえるマイルのまとめ

100万円以上の支払い:5,000マイル。

最大で14,800マイル

飛行機に一度乗れば追加で5,000マイルのボーナスが後日付与。

プラチナカードを作ったときに得られるマイル

CLUB-Aと対して変わらないので、カード入会費用とそれに対して貰えるマイルが変わるだけです。

ポイントサイト経由でJAL アメリカン・エキスプレス・カードを申し込む方法 

Gポイント

こちらのバナーからGポイントへ行き、登録。

その後Gポイントの検索窓で「JAL アメリカン・エキスプレス・カード」と検索をします。

GポイントでJAL アメリカン・エキスプレス・カードの申し込み

「詳細を見る」ボタンを押してポイント獲得条件の確認。
■加算予定時期:クレジットカード発行後、2~3ヶ月

対象カードを初めて発行される方のみ対象となります。 
対象カード:プラチナ、CLUB-Aゴールドカード、普通カード
対象ブランド:アメリカン・エキスプレス・カード

※下記の場合はポイントプレゼント対象外になります。

  • 虚偽・架空のお申込み
  • 退会後1年以内の再お申込み
  • 既存カード会員様からのお申込み
  • クレジットカードの発行(成約)に至らなかった場合。
  • お申込情報に不備があった場合。
  • お申込み後にキャンセルされた場合
  • カード発行後3ヶ月以内に解約された場合
  • 電話やメールを含めてJALカードへの直接のお問い合わせを頂いた場合は、対象外となります。
  • その他、不正行為があったとみなされた場合。

 あとは移動先のページで申し込むだけ。

個人的には普通カードの作成で十分だと思います。

貰えるマイルを増やすには

ポイントサイトでは、今回案内をしているJAL アメリカン・エキスプレス・カード他にも貰えるポイント数が多い案件はいくつもあります。

高額案件をいくつもこなしても良いですし、貰えるポイント数が少ない案件を多くこなしていっても良いです。

ポイントサイトでポイントを貯めて、マイルに交換

例えばGポイントでクレジットカードを複数枚作ったり、通販で商品を購入して30,000Gポイント手に入れたとします。

これは30,000円分の現金に変えてもいいですが、15,000マイルに交換しても良いわけですね。

15,000マイルがあれば、韓国へエコノミークラスで1名往復が可能です。

マイルの価値についてはこちらで解説しています

私はGポイントをあまり使っておらず、どちらかというとモッピーというポイントサイトを利用しています。

【2020年最新】モッピーは1P=1円で賢く貯めるポイントサイト

結論:飛行機はタダで乗れる

ポイントサイトを経由して獲得したポイントをマイルに変える。

これにつきます。

カードを作ってタダで飛行機に乗る方法まとめ

JAL アメリカン・エキスプレス・カードの作成とわずかな年会費で国内線の飛行機に乗れることはわかりました。

しかしこうも考えることが出来ます。
年会費のかからないクレジットカードをポイントサイトで作り、ポイントサイトのポイントをマイルに変えれば本当に無料で飛行機に乗れる。
このあたりはお好みで進めていって頂ければよいかと思います。私はポイントサイトのポイントはどちらかというと現金に変えてしまうほうが多いですけれど。

貯めたポイントサイトのポイントは
  • マイルに変える
  • 現金に変える
  • 電子マネーに変える

使い方は自由です。

ちなみに私は貯めたマイルをはe-jalポイントにガッツリ交換(22万円弱)して高級ツアー代金に当てました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA