Mediapad m6に機能強化版のm6 Turboの発表のうわさ?

そもそも日本未発売のMediapad m6ですが、どうやらこれの機能強化版の発表もあるらしいというリークが出ています。

ファーウェイのMediapad m6ってどんなタブレット?

Huawei MediaPad M6 8.4を発売日に購入してみた。その結果…(8/21追記)

 すでに当ブログで一度記事にしていますが、ファーウェイが2019年の7月に中国で販売をはじめて高性能なハイエンドタブレットです。
上記の記事は、購入までに至る四苦八苦と購入のための情報をまとめています。

スペックに関しては、下記のとおりです。

Mediapad m6のスペック

1. NameHUAWEI Tablet M6
2. Battery6100mAh (typical)
3. RAM4GB
4. ROM64GB / 128GB
5. Screen size 8.4 inch
6. Front camera -8 MP, fixed focus
7. Rear camera 13 MP, auto focus
8. Resolution2560 × 1600 Pixel
9. Maximum xpansion Support expansion of 512GB (Not included ) , Micro SD (TF) card
10. CPU Huawei Haisi Kirin 980 , Octa Core
11. GPUMali G76 720MHz
12. Operating System Android 9.0+ EMUI 9.1
13. SIM card sizeNano SIM ( only for LTE version)

2019年度に発表されたタブレットに関して言えば、とても高性能です。
2018年のハイエンドスマートフォンで利用されていた、Kirin980のCPUを搭載しています。

気になるMediapad m6 Turboのスペックとは?

情報としてまだそんなに多くは出ていません。
参考にしたサイトは下記の2つです。

Live photos of Huawei MediaPad M6 8.4 Turbo Edition leaks - Gizmochina

🥇 ▷ Huawei MediaPad M6 8.4 Turbo Edition Leak Appears Online! » ✅

大きな違いは

Gizmochinaに記載のこちらの部分。

Unlike the standard version that has 4GB of RAM and 64GB/128GB of storage, the Turbo Edition has 6GB of RAM and 128GB of storage. It is still powered by the Kirin 980 and the cameras on both sides are unchanged

 通常版のMediapd m6はメモリは4GBで、ストレージが64GBか128GBの2択でした。

しかしTurbo版のMediapd m6はメモリが6GBで、ストレージは128GBが標準のようです。
さらにもう1点、ハードで大きく異る点がありました。

The MediaPad M6 Turbo Edition also has an extra button on the right side of the frame in addition to the volume rocker and power button. This key is said to be the turbo button. The tablet is also reported to have PC-grade liquid cooling, a dedicated gamepad, and a protective case.

 Googleで直訳をするとこうなります。

MediaPad M6 Turbo Editionには、ボリュームロッカーと電源ボタンに加えて、フレームの右側に追加のボタンもあります。このキーはターボボタンと呼ばれます。タブレットには、PCグレードの液体冷却、専用のゲームパッド、および保護ケースがあることも報告されています。

  1. ターボボタン搭載
  2. PCのような液体冷却機能
  3. 専用のゲームパッド

これらの搭載により、Mediapad m6 Turboはどうやらゲーミングタブレットとしての位置づけで販売されるのではないか?と思われます。

Mediapd m6 Turboの変更箇所まとめ

Turbo版のMediapdで変わると言われているのは赤字部分です。

1. NameHUAWEI Tablet M6
2. Battery6100mAh (typical)
3. RAM6GB
4. ROM128GB
5. Screen size 8.4 inch
6. Front camera -8 MP, fixed focus
7. Rear camera 13 MP, auto focus
8. Resolution2560 × 1600 Pixel
9. Maximum xpansion Support expansion of 512GB (Not included ) , Micro SD (TF) card
10. CPU Huawei Haisi Kirin 980 , Octa Core
11. GPUMali G76 720MHz
12. Operating System Android 9.0+ EMUI 9.1
13. SIM card sizeNano SIM ( only for LTE version)

ここに追加で

  • ターボボタン搭載
  • PCのような液体冷却機能
  • 専用のゲームパッド

となっています。

あくまで今回の情報はリークであり、決定事項ではありません。
どのような形で発表され、販売されるか今から楽しみですが、それより早く日本国内でMediapad m6の通常版で良いから売ってください…。

海外輸入のMediapd m6はGoogle Play対応かが怪しい

現状通常版のMediapd m6でも日本国内で手に入れる方法はなく、海外からの輸入に頼る形になります。

Huawei MediaPad M6 8.4を発売日に購入してみた。その結果…(8/21追記)

 それはすでにこちらの記事で説明をしています。

今後発表されるかもしれないMediapd m6 TurboもGoogle Play対応するのかは、ファーウェイとアメリカの関係からいくとなんとなく雲行きは怪しい感じはしますね。

Google Play非対応でもタブレットとして利用は出来ますが、Turbo版、通常版いずれにしても購入にはよく検討が必要な機種だと思います。

一応現在販売されているGoogle Play対応済みと書かれているMediapd m6と、Google Play非対応と明記されているものを案内だけしておきます。

Google Play対応
Google Play非対応

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA