ロボットがおもてなし。【変なホテル福岡 博多】に泊まってみた

ロボットがおもてなしをしてくれるホテルと聞いて、すぐにこのホテルが思い浮かんだ方はなかなかホテル通。有名だと思ってたのですが、知人でこのホテルを知っている人は少なかったです。

はじめに。ポイントサイト経由で泊まろう

 今回泊まった博多にある変なホテルですが、ポイントサイト経由で予約をしました。

2019年3月現在、Gポイントでは、じゃらんの予約に対するポイントバックが4%です。

Gポイント

今回宿泊費は約9,000円だったので、ポイントサイト経由の予約だけで360円相当のポイントが手に入ります。

もちろん、じゃらんのポイントとは別です。

 大した金額ではないかもしれませんが、サイトを経由するだけでジュース3本ぐらいを買えるポイントが手に入るのであれば、とってもお得だと感じています。

 変なホテルとは

公式HPを見ても特徴がわかりづらいなんとも使いにくいサイトなのですが

  • お出迎えは人間or恐竜ロボット
  • ロボットクリーニング
  • タブレットによるIoTサービス

このあたりが大きな特徴です。

f:id:aroundfour:20190329180017j:plain

ホテルへのチェックイン~チェックアウトまで一切有人の接客を必要としないというのは、なかなかおもしろい試みだと思いました。

変なホテル福岡 博多の到着から部屋に入ってまでを写真で撮ってきたので、これからこちらに泊まることを考えられている人の参考になればと思います。

変なホテル福岡 博多の場所

 中洲川端駅から徒歩3分程度の立地で、近くには博多を代表する繁華街の中洲があります。

ホテルのすぐそば、30Mぐらいの場所にファミリーマートがあり利便性は高いです。

 入り口からロビーまで

f:id:aroundfour:20190329180237j:plain
f:id:aroundfour:20190329180245j:plain

看板を曲がった先は、なぞのプロジェクションマッピングのような壁。

見えにくいですが、壁に映っている映像の中で恐竜が歩いています。

ロビーからチェックイン

f:id:aroundfour:20190329180620j:plain
f:id:aroundfour:20190329180624j:plain

ロビーでは恐竜がお出迎え。

カウンターにある端末に自分の情報を入力し、カウンター端にある専用端末でルームキーを発行します。

料金の支払いも、この専用端末で行います。

ちなみに、この恐竜は日本語を喋ります。

しゃべる恐竜とか、まじやべえ。

部屋にチェックイン

今回じゃらんで予約した部屋は、ダブルルームです。

f:id:aroundfour:20190329181451j:plain
f:id:aroundfour:20190329181651j:plain

ユニットバスではなくセパレートで、しかも寝室とトイレ・風呂は廊下でちゃんと隔てられています。

寝室自体はさほど大きくないのですが、なんとなく良い感じ。

お風呂を見てみます。

f:id:aroundfour:20190329181919j:plain
f:id:aroundfour:20190329181922j:plain

 割と広い。浴槽は幅もあり、足も伸ばせます。

備え付けのシャンプーまではさすがにどのメーカーだったか覚えてないな…。

品質は悪くなかったと思います。

 トイレット

f:id:aroundfour:20190329183008j:plain
f:id:aroundfour:20190329183012j:plain

温水・温便座でいうことなし!

パーフェクト!

寝室はなんかこう…変!

f:id:aroundfour:20190329183415j:plain
f:id:aroundfour:20190329183417j:plain

ベッドは普通。

枕元にはコンセントもあり、スマホの充電が出来るのは花丸。

この枕元コンセントは世界中のホテルで共通にしてほしいですね。

f:id:aroundfour:20190329183420j:plain
f:id:aroundfour:20190329183430j:plain

目を引くのはテーブル右側にある端末(タブレットとスマホ)です。

タブレット端末の方はいわゆるIoTというやつで、部屋の照明の明るさや、あとは室内の温度も制御できました。

つまりこの端末から部屋にある電子機器の操作ができるわけですね。

グーグルホームやアマゾンのアレクサと同じものです。

それにしても、部屋の照明の色──赤や紫、青緑黄色ピンクなど多岐にわたる──を変えてなにをしようというのか。

女性と一緒に泊まるときに照明の色を変えてムードを出そうというのか?

うーん、エッチなのはいけないとおもいます!

そしてLG Styler

IoTとLG Stylerがどう結びつくのかはわかりませんが、なぜかありました。

LG Stylerがなんであるか、というのは公式サイトをご覧いただければ。

www.lg.com

衣類のしわ、においなどを除去してくれる家電です。

金持ちになったら買おうと思っていたまま金持ちになれず買わずじまいでしたが、使ってみたところ期待していたほどの効果は全くなかったので、結果的に良かったんじゃないかなと思いました…。

f:id:aroundfour:20190329183426j:plain
f:id:aroundfour:20190329183429j:plain

ただこうして機械を見てみると、めちゃ未来的でかっこいいです。

全面のステータス表示もすべて電子パネルで、ボタンではないタッチパネルです。

うーん、一種のステータスアイテムっぽい。

ただ、高い金を出すほどの効果が…。

最後に

このホテル、どちらかというと海外の観光客向けなのかもしれません。

中国・韓国のいわゆるアジア系のお客さんの荷物や利用客がとても多かったです。

面白いホテルだなーとは思いましたが、一点マイナスな部分がありました。

それは荷物を預けるのにお金がかかることです。

1つ荷物を預かってもらうのに300円かかります。

国内のホテルで宿泊をして荷物を預かってもらうのにお金がかかったのは初めてだったので、少しびっくりしました。

 予約はポイントサイト経由で

じゃらんなどの宿泊予約サイトを利用する場合は、ポイントサイト経由がオトクです。

今回私は9,000円ほどの支払いがあったので、ポイントサイト経由でじゃらんのポイントとは別に4%のポイントバックがありました。

Gポイントというサイトを使いました。

Gポイント

 バナーから登録をしてもらえれば、多少のボーナスがあります。

【ボーナス】

Gポイント会員の方がお友達を招待いただき、そのお友達がGポイントへ会員登録後に電話認証を完了すると、招待されたお友達に50Gをプレゼントいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA