【レビュー】中華スマホ Xiaomi M1 A1 グローバルモデル

f:id:aroundfour:20180901194500j:plain

ミッドレンジスペックのスマホであるM1 A1レビューです。

中華通販サイトで買うと、2万円もしないながら機能てんこ盛りのおすすめスマホです。

中華スマホのMI A1をBanggoodで買いました。

買ったと言っても私は今はGalaxy s8+とiPhone8 plusを持っているので

嫁さんへのプレゼントです。

MI A1は、こんな形のスマホです。

Banggoodとは

Banggoodとは、中国の通販サイトで簡単にいうとAmazonや楽天のような通販サイトです。

他有名所として、GearbestやGeekbuyingがありますが、私はほぼBanggoodを使っています。安いことが多いので。

ホームページ自体は機械翻訳された日本語で見ることができますが、ベースは英語です。中学生レベルの英語が出来れば、大まかなことはわかります。

スペック表なんかもだいたいどのメーカーも記載事項は同じなので、あまり迷うことはありません。

まあ困ったら翻訳サイトを使ってください(笑)

中華スマホとは

読めばわかると思いますが、中国で作られており主に中国で販売をされているスマートフォンです。一部の製品は日本でも売られています。

Huaweiがその代表的なものですが、Huaweiのスマホすべてが日本に売られているわけではありません。

輸出向け製品や、グローバルモデルといった形で日本に来ています。

ですので、日本で発売されていない製品がほとんどで、メーカー名を聞いても

なんじゃそれ?

となるのが大半です。

中華スマホの大きな特徴

①圧倒的に安い。

日本ではSIMフリースマホがようやく流行ってきましたが、スペックが周回遅れのものが多いです。しかも、本体価格が割と高い。4万5万はざらです。

私が今回購入したMI A1なんかセールのときには2万円しません。

それでもスペックは十分です。

②保証が基本的にない

購入時に壊れていたりしたらもちろん通販サイトが面倒を見てくれますが、やり取りはすべて英語です。

翻訳サイトを使えばなんとなくやり取りはできますが日本のカスタマサポートとやり取りするほど簡単ではありません。

③死ぬほど機種が多い

天の川の星の数ほど種類があります。適切なものを選ぶのは割と大変ですが、中華スマホもメーカーや機種の流行り廃りは当然あるので、その中から選べばある程度しぼれなくもない…?

④割引半端ないって!

Banggoodに限らず中華通販サイトでは

  •  新商品販売セール
  •  在庫一掃セール
  •  期間限定セール(Amazonでいうブラックフライデー的な)

などセールが結構あります。この値引きがかなり大きいです。

私が初めて中華スマホデビューをしたときは、XiaomiというメーカーのMi Maxという製品を買いました。

その時購入した金額が本体価格10%引きで、翌週のセールでは30%引きになっていました。本体がやすいとは言えショックはショック。

⑤SIMフリー

すべての端末がSIMフリーですが、すべての端末がすべてのバンドに対応をしているわけではありません。

例えば今回紹介するMI A1は、ソフトバンク系の通信帯域に完全対応をしていますが、ドコモは一部のみ。AUにいたっては対応なしです。

自分の対応バンドを理解して買わないと全く使い物になりません。

Xiaomi MI A1のスペック

ここを見ればわかります(投げやり)

詳細を書くと長いので、一部抜粋をしますと

いわゆるミドルスペックですが、重い3Dゲーム最高画質でプレーをしない限り十分すぎるスペックです。

ブラウザを使ったり、You Tubeを見るごく一般的な利用、もちろんゲームをしても大丈夫です。5.5インチの大きな画面いっぱい使って楽しめます。

なぜ嫁さんにこれを買い与えたのか

 

このスマホ、実は2倍の光学ズームつきなんです。

従来のスマホより、ずっと綺麗に写真が撮れます。

私ども夫婦は旅行や出かけるのが好きなので、年に2,3回は旅行へでかけます。

旅行先で写真を撮るなら、やっぱり綺麗に撮りたい!

かといって、デジカメを買うのもお金がかかるし荷物が増える。

だったらスマホ1台で済ませてしまえばいいじゃないかってこと光学ズーム付きスマホを夫婦揃って揃えたということです。

ちなみに私は写真撮影はiPhone8 PLUS、嫁さんはこのMI A1です。

実際に今年ハワイで撮った写真

ホテルの目の前の海で

ダイヤモンドヘッドより

ピンぼけの撮影も簡単に

写真撮影のいろはもわからない素人が撮ったものなので、上手い人から見ると噴飯ものの写真かもしれませんが…。

それはさておき、私としては、

写真撮影好きでそこそこのスペックを求めている方にこそこの端末をオススメしたい

と思います。

スペックの詳細である例えばベンチマーク結果などを書くと煩雑になりすぎてしまう

ため、これぐらい書けばなんとなく伝わるかな~と思っています。

注意点

このスマホはSIMフリーですが、完全に対応出来るSIMはソフトバンク系シムです。

つまりソフトバンク・Ymobile系の格安SIMや純正SIMを使っている人以外には、

全くおすすめ出来ません。ドコモ系のSIMを使うユーザーであればLTE網には対応

出来ますが、山間部や地方都市ではあまり使えないと思います。

くれぐれもAUユーザーは使わないように!

購入について

Banggoodは初期保証はありますが、もし不安なら日本Amazonでも購入は可能です。

ただ日本Amazonの場合は、販売店が仕入れて売っているため中華サイトで購入をするよりかなり割高です。

ただ最悪返品が出来る分、Amazonで買うのもありといえば

ありです。

Banggoodでの製品詳細はこちらからご覧いただけます。

Amazonの場合はこちらから

それと一部のクレジットカードには購入時に商品・製品が壊れていた場合に保証を

してくれるプロテクションがあります。

SPGアメックス(というかアメックス系列)はショッピング・プロテクションで

損害をご購入日から90日間、1名様年間最高500万円まで補償いたします。

とあるので最悪こちらを使うのも手といえば手です。

aroundfour.hatenablog.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA